海外で働くには

憧れの海外勤務を実現する方法とは?

海外駐在なら給与も保証される

「海外で働きたい!」という憧れを持っている人は多いと思います。

海外で働く方法には、何パターンかあります。1つは、日本の会社に就職し、駐在員として海外勤務につくという方法です。

今や、企業というのは国際的な取引を行うのが当たり前になっていますから、海外に支社や工場を設けている会社はたくさんあります。ですから、日本の会社に就職しても、海外勤務ができる可能性はいくらでもあります。

海外に転勤になるかどうかは、入社してからの動向で決まることも多いですが、企業では最初から海外勤務を前提とした求人を行っていることもあります。

国際的な取引を活発に行っている企業に転職することで、海外勤務のチャンスが得られることがあります。

海外で日本企業の駐在員として働く場合には、日本と同じ水準の給与をもらえるのに加えて、駐在手当ももらうことができますから、収入は多くなります。

現地採用で働くチャンスも

海外で働きたい場合、海外で現地採用されるという方法もあります。特に海外の大学に留学している学生にとってはインターンシップなど現地の企業と交流する機会も多くあるでしょう。

近年は、海外で働く日本人としては、現地で就職活動をして現地で採用されている人の割合が増えてきています。

日本企業を相手に取引している海外の企業では、日本語ができる人材が求められているため、日本人の需要はあります。

日本人が海外で現地採用された場合、現地人の通常の給与よりも高い給与をもらえることも多くなっています。ただし、東南アジアなどはかなり物価が低いので、日本の最低時給にもみたないことがあります。

海外で働く場合、現地で起業するという方法もあります。

海外で起業するのは、日本で起業するほど簡単ではありません。海外で働くには、資金を用意しなければならないだけでなく、就労ビザを取得する必要があります。

雇用される場合と違い、自分で出資してビジネスを始める場合には、就労ビザの取得も簡単ではないことがあります。

アメリカ就労ビザ取得の仕組み

http://www.acojob.com/services/visa_system.htm