JOB➀海外でオペレーター業務

海外に設けられたコールセンターで働く

コールセンターは海外にあることも多い

海外で働く仕事として、近年注目を浴びているのが、コールセンターで働くオペレーターです。

企業のコールセンターは、電話での問い合わせやクレームを受け付けるところです。コールセンターの仕事はもっぱら電話のやりとりのみになりますから、企業はどこにコールセンターを設置しても特に問題はないことになります。

こうしたことから、コールセンターを人件費の安い東南アジアなどに設ける企業が増えています。

現地でスタッフを採用すれば、低コストでコールセンターを運営することができるからです。

日本企業のコールセンターに電話すれば、日本語を話すスタッフが対応してくれますが、実はこうした業務は海外で行われていることも多くなっているのです。なお、コールセンターでは、電話対応だけでなくメール対応も行っていることがあります。

対日本のコールセンターの場合、使うのは基本的に日本語になりますから、語学力もあまり必要がありません。

できるだけ待遇の良いところを見つける

海外でのオペレーター業務の求人は、日本の転職サイトなどでも見つけることができます。

海外オペレーター業務は、タイやマレーシアのコールセンターで勤務するものが多くなっています。海外で働くには語学力が必須と思ってしまいがちですが、コールセンターでは語学力不問のところが多くなっています。

もちろん、海外に住んで働くことになりますから、ある程度の語学力は必要ですが、社内で研修が受けられることも多く、大きく不自由することはないでしょう。

オペレーター業務では、コミュニケーション能力のほか、パソコン操作なども必要になりますが、これについても研修で身につけられるケースが多くなっています。

なお、海外のコールセンターの中には、待遇があまり良くないところもあります。日本で働くのと同等の給与はもらえないこともあり、現地の物価が安くても生活が苦しくなってしまうこともありますから、事前にしっかり検討することが大事です。

グローバルコールセンターサービス

http://www.fujitsu.com/jp/group/fnets/services/global-helpdesk/callcenter/