JOB➁貿易事務

海外との輸出入取引に関連する事務処理を行う

国内企業における事務仕事

海外に関連する仕事がしたいという場合には、貿易事務という選択肢があります。

貿易事務は、輸出入に関する事務の仕事です。貿易事務の仕事をする場合、海外で勤務するわけではありません。

海外に駐在して貿易関連の仕事を行うケースもないわけではありませんが、ほとんどの場合、貿易事務は国内において事務処理を行う仕事になります。

国内の企業間の取引と違って、海外の企業との間で取引をするときには、通関の手続きや税金の納付などが発生します。

貿易事務の仕事では、輸出入に関連して発生する日常的な手続きや事務処理作業を行います。貿易事務の仕事をするためには、貿易に関する専門的な知識が必要になります。

また、限られた時間で必要な事務処理作業を終えなければなりませんから、スピーディーかつ確実に対応できるスキルも求められます。

貿易事務の仕事は、慣れなければ時間がかかってしまいますから、経験者が求められることが多い職種です。

英語力が要求される

貿易事務の仕事では、基本的に国内の企業において働くことになりますが、英語を使う場面が多くなります。

貿易関連の書類というのは英語で書かれていることが多く、また、取引先とも英語でやりとりをしなければならないことがあるからです。

なお、貿易事務では、英語を使って会話をする場面というのはそれほどありません。海外とのやりとりはメールやFAXが中心になり、電話で会話するといったことは少なくなっています。

こうしたことから、貿易事務の仕事で必要になるのは、英会話力よりも、むしろ英語の読解力や文書作成能力になります。特に、英語で書かれた書類を見て意味をきちんと理解できるかどうかは重要です。

英語でのコレポンもありますが、定型のものが多いので、こちらは慣れるとそれほど難しくはないでしょう。貿易事務の仕事に就きたいなら、TOEICなど英語力を証明できる資格を取得しておくのがおすすめです。

貿易事務の派遣・求人なら商船三井キャリアサポート

http://www.molcs.co.jp